ご近所花散歩 八重桜3


【4/3 撮】 前2回とは別の公園の 純白と淡いピンクの八重桜

210403-33510 八重桜3 960×645
広場の一角にある木で こうやって見ると 立派で 大きく枝を広げていますね

純白と薄ピンクの花が 入り混じって咲いています

下から見上げて 花を明るく撮ると 晴れているのですが 空は飛んでしまいますね




33519-2 八重桜3 960×645
花は まだまだ見頃ですが 若葉が展開して来ています




210403-33518 八重桜3 960×645
黒々として苔むした幹と 白い花のコントラストが見事な木です




210403-33514 八重桜3 960×645
広場では 親子がボール遊びを楽しんでいます

八重桜を入れつつ 撮らせてもらいました

奥の2本は ソメイヨシノで 完全にピークは過ぎています




210403-33515 八重桜3 960×645
桜の下は 花びらの絨毯状態です

八重桜は あと1回続きます



 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
スポンサーサイト



小倉山からの 富士


きょうは 記事のほかに お知らせがございます

どうか 最後までお読みくださるよう よろしくお願いします



040211f 小倉山からの富士 960×645
4/22 甲府盆地北部の 小倉山に登って来ました (^-^)/

お天気 最高でした~ (^-^)v

遠くまで クリアーに見通せて 南アルプスの山々や 富士山までが くっきりと見渡すことができたのです


こんなことは 本当に珍しいことだと思います

たとえ青空の日でも 遠くの山は なんとなく霞んで見えることが多いのでは?

つい嬉しくなって どアップでの富士を ご覧いただこうと思いました~(^o^)/


 カメラ パナソニック Lumix DMC-TX1



【お知らせ】

何日か前からのようなのですが なぜか 当ブログに 非常に不都合が生じています

使用しているブラウザ(Google Chrome)と FC2との相性が非常に悪くなっているようなのです

こうして記事を書いていて プレビューしようとすると 毎回 ログインを求められるようになりました

どうやら ログイン状態の継続ができなくなってしまったようです


皆様のブログにお伺いしても 知らない間にログアウトしていて 訪問履歴を残せてなかったのでは?

そんな可能性が高いように思われます

昨日は そのことに気がついて 頻繁にログイン状態を確認しながら ご訪問いたしました


なお Microsoft Edge では そのようなことは起きないようです

しかし nanapapa にとっては別の問題がありまして できれば Chrome で続けて行きたいのです

また もう一つのブログ「模写花旅」は Firefox で運用していて 問題はないように思われます

ですが Firefox で 二つのブログを運用するのはややこしいため Chrome を使うしかありません


この様な問題に見舞われているのは nanapapa だけなのでしょうか?


もし 対処法など お分かりになる方がいらっしゃいましたら ご教示くださると ありがたいです

どうぞよろしくお願いします <(_ _)>

ご近所花散歩 八重桜2

【4/3 撮】 公園の 淡いピンクの八重桜1の隣にあった木です

33503 八重桜2 960×645
隣の株よりは まだ蕾の状態の花が多かったです




33507 八重桜2 960×645
そんなことで なるべく 花が揃っている部分を撮りました

蕾は 十分大きく膨らんでから開くというより 開きながら大きくなっていく感じです



 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

エルの日向ぼっこ


210412-24132 エルの日向ぼっこ 960×645
【4/12 撮】 

エル君 朝日の当たる場所で 日向ぼっこです

なんと 「猫の爪とぎ」 にすっぽりと納まってます (笑)

そして そこが翳ってきたら カーペットの方に しっかり移動してました (^^


ご近所花散歩 八重桜1

【4/3 撮】 公園の 淡いピンクの八重桜

33269 八重桜 960×645




33346 八重桜 960×645




33463 八重桜 960×645




33486 八重桜 960×645
八重桜は 豪華で存在感がありますねぇ~

ソメイヨシノと比べると 花弁の枚数は圧倒的です ^^

そのため 花を透過してくる光量は少なくなりますね

今回 露出補正はこまめに 場合によっては 大胆な補正が必要でした (^o^)/



 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

ブルーベリーの花


210405-1029 ブルーベリーの花 960×645
【4/5 撮】 わが家のブルーベリーの花です

雨上がりに撮ったので ほんの一部ですが 水滴が残っています

豪華でも何でもありませんが 好きな花です


ところで ブルーベリーには 以下のような系統があります

 ハイブッシュ系  - ノーザンハイブッシュ系
          - サザンハイブッシュ系
 ラビットアイ系

わが家の株は 関東など暖地に向き 栽培の容易な ラビットアイ系です

結実をよくするため 同系2種を植えるとよいとされています

自家受粉しないわけではありませんが 別種の花粉が良いわけですね

一昨年 一株枯らしてしまい そんなわけで 今年買い足しました


ガクの上のドーム状の部分 ここが実になります

すでに 白粉を吹いた感じに見えますね

実が大きくなっても ガクの部分のギザギザは残るんですよ




210405-1000 ブルーベリーの花 960×645
上の写真の品種が 「ホームベル」 で こちらが 買い足した 「ティフブルー」

ガクの色が違ってますね


毎年 収穫が楽しみ (^-^

ただし 鳥の襲撃には ネットを張るなどの対策が必要ですねぇ~ (^^;


皆様へ

この記事は予約投稿でして 明日は山登りのため 今夜は早寝です ^^

皆様のところへは 帰宅後の夜にお邪魔することになります

きょうは来るのが遅いぞ なんて言わないでね~ <(_ _)>



 カメラ 富士フイルム X-S10
 レンズ 富士フイルム XF 60mm F2.4 R Macro
 フイルムシミュレーション Velvia

箱根 明神ヶ岳山行 後編


40027 富士山と春の空気感 960×645
明神ヶ岳山頂(1169m)からの眺めです

富士山の手前 丸っこい山は 金時山 1212m

今立っている明神ヶ岳も 金時山も 箱根外輪山の山なので 尾根伝いに繋がっています

金時山までは 画面右端から左端まで尾根を辿り さらに右に湾曲しながら進む長いコースです

外輪山は さらに左方向に続き 金時山から二つ目の鞍部が乙女峠 1005m

箱根から御殿場に抜ける道路がここを通ります (実際には乙女トンネルで)

外輪山をさらに左へと辿ると 芦ノ湖西岸の 芦ノ湖スカイラインへと続きます




40031 富士山と春の空気感 960×645
金時山を前景に 富士山を引き寄せます

薄雲や飛行機雲が 空に表情をつけてくれました




40025 富士山と飛行機 960×645
と 飛行機が飛んできたので ちょうど雪の部分に入ったところで 写し止めました (^^

自衛隊機でしょうか?


さらに大きな富士は 記事末尾下の 「関連記事」から 3月25日の 「明神ヶ岳からの富士」 をご覧くださいね




40035 富士山と春の空気感 538×800
縦位置でも撮ってみました




40016 大涌谷 960×645
カメラを左に振ります

大涌谷です


温泉で茹でた 「黒たまご」 が名物ですね

ここの温泉池で茹でると 気孔の多い殻に 温泉の成分である鉄分が付着するといいます

これに硫化水素が反応して硫化鉄となり まっ黒い殻のゆで玉子となるんですね




40004 尾根合流点 960×645
頂上で 昼食,コーヒーを飲んだ後 尾根分岐点まで下って来ました

宮城野へ素直に下ると 40分 明星ヶ岳を経由すると 110分か けっこう掛かりますね




40051 麓の桜 538×800
素直に 麓へ下りてきました^^

この日 桜を撮っていなかったので ここで一枚




40060 大文字山 960×645
開けた場所で 明星ヶ岳方向を振り返ります

これは 箱根大文字焼きの 大 の字で 明星ヶ岳の頂上は この奥ということです



このあとは 恒例の温泉

箱根湯本まで 一旦下り 早川の向こう岸を上り返して 「箱根湯寮」へ


この日は 水曜日というのに 湯本も 箱根湯寮も 若者で溢れてました

聴けば 卒業旅行で来たと

コロナの時代 高校生たちも 手近な観光地で済まそうということでしょうか?

いずれにせよ 若者に取り囲まれた われらシニア二人は 恐れをなして早めに切り上げました~ (^-^)/



 カメラ パナソニック Lumix DMC-TX1

箱根 明神ヶ岳山行 前編

3/24 のことですが 箱根の明神ヶ岳に登って来ました

ご存じない方もいらっしゃるかもなので まずは地図をご覧ください

グーグル地図からお借りしました <(_ _)>


箱根明神ヶ岳地図
芦ノ湖を含む 箱根一帯の地図です

緑の領域の縁に当たる部分は 箱根外輪山と呼ばれています

その一員として 画面上部に 明神ヶ岳が見えます

今回は行ってませんが 明神から 左方向少し上の金時山,右下方向の明星ヶ岳も覚えておいてくださいね

明星ヶ岳は 地図に表示されなかったので nanapapa が 追記しておきました (^^

また 地図中央部には強羅があります ご存じない方はまずいないでしょう

今回の山行は 強羅の近く 宮城野橋付近から始まります




箱根明神ヶ岳地理院地図 960×645
山行といえば やはり 国土地理院の地図ですよね お借りします<(_ _)>

標準タイムはヤマケイの表示を参考にしました

今回は 宮城野橋→登山道入り口→尾根道合流点→明神ヶ岳 往復でしたが

帰りは 少しがんばって 明星ヶ岳経由で下山も 十分ありです



30835 登山口 960×645
舗装路から分かれて 登山道に入ります




30837 登山口付近のマメヅタ 960×645
しばらく行くと 壁一面にマメヅタが這っていました

外見から ピッタリの名前です

しかし これはツタの仲間ではなく シダの仲間なんです

よく木に着生して胞子をつけているノキシノブなんかの仲間だそう




30838 登山開始まもなく 960×645
尾根を目指して ひたすら登ります




30839 エイザンスミレ 960×645
途中 エイザンスミレが咲いていました

鳥の脚状の葉が特徴です

この様な葉を持つスミレは ほかにヒゴスミレ(肥後-)があります




40002 タチツボスミレ 960×645
その近くには タチツボスミレが

山では 一番よく見かけるスミレですね




40007 尾根筋からの展望 960×645
尾根道に合流 しばらく行くと 強羅の街と神山(かみやま)が見えました

神山は 外輪山に囲まれた中央部にある いわゆる中央火口丘

箱根の最高峰で 1438m

中腹右手 白い煙が見えるのところは大涌谷です




40010 尾根筋の馬酔木 960×645
尾根道で見た アセビ(馬酔木)の花




40011 新芽と古い実 960×645
古い実と新芽 木の名前は疎くて分かりません




40019 気持ちの良い尾根道 960×645
気持ちの良い尾根道です 富士山が見えてきました


後編に続きます (^-^)/



 カメラ パナソニック Lumix DMC-TX1

山椒の若葉


210411-1222 山椒の若葉 960×645
【4/11 撮】 

4/3 の記事(3/23 撮)で 山椒の芽吹きを取り上げましたが

若葉が すっかり 展開しました

爽やかに晴れた朝の光に透かすように 写してみました


 カメラ 富士フイルム X-S10
 レンズ 富士フイルム XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
 フイルムシミュレーション Velvia

ご近所花散歩 タンポポの綿毛 2


33801 タンポポの綿毛 960×645
【4/3 撮】 

前回のマクロ写真で もうあとは必要ない と言われそうだが せっかく撮ったので (^^ゞ

今回は 多数立ちというか 数で勝負かな (^^;




33760 タンポポの綿毛 538×800
一か所にこれだけ集合していると それなりに見事だと感じて撮ってみた




33855 タンポポの綿毛 960×645
日影を背景にして




33891 タンポポの綿毛 960×645
ところで 綿毛を作る植物は 少なくないように思う

アザミや オニタビラコ など同じキク科の植物たちのほか トウワタなんかも名の通り綿毛を作る

しかし 何といっても 見応えのある綿毛は タンポポに尽きるのではないだろうか




33846 タンポポの綿毛 960×645
最後はやっぱり 真上からの クローズアップで (^^ゞ



 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

ご近所花散歩 タンポポの綿毛

33724 タンポポの綿毛 960×645
【4/3 撮】 自然の造形の美しさ 繊細なタンポポの綿毛


タンポポの綿毛を見ると 子供のころへの郷愁を感じる

あのころは どんぐりが落ちていれば 拾い タンポポの綿毛があれば 吹いて飛ばした

懐かしい気持ちになる




33789 タンポポの綿毛 960×645
娘たちが まだ幼かったころ

少し寄り目にして 手に持ったタンポポの綿毛を見つめ

ほっぺをふくらませ かわいい口をとがらせて ふぅ~っと吹いた

タンポポの綿毛を見るたびに あの情景が ほのぼのと思い浮かぶ




33733 タンポポの花 960×645
おまけ

生まれ育った熊本県では タンポポの花といえば 白花であったように思う


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

西洋シャクナゲ

0574 西洋シャクナゲ 960×645
【3/29 撮】 


この日 高尾山に登るため 京王高尾山口駅から 1号路登山口に向かっていました

途中 小さな川沿いに歩くのですが その川にせり出すように 西洋シャクナゲが咲いています

鮮烈な赤い花 朝日を反射してキラキラ光る川面

本当は こんなものを撮りに来たんじゃないんだよ とか 言いながらも カメラを向けていました~ (^^ゞ


 カメラ 富士フイルム X-S10
 レンズ 富士フイルム XF 60mm F2.4 R Macro
 フイルムシミュレーション Velvia

ご近所花散歩 ハナニラ


210403-33641 ハナニラ 960×645
【4/3 撮】 ハナニラの群生


群生したハナニラが 太陽に向かって 一斉に花茎を伸ばしているシーンに出遭いました

わが家のハナニラとは趣きが異なり 野の花の風情を強く感じます

思わず がんばってるな~ って 拍手を送りたくなりました


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

ハナミズキ 4


1152 ハナミズキ Velvia 960×645
【4/9 撮】 午後から曇って来たので 再びバルコニーから見下ろして

曇りだと 光りがよく回って やわらかな雰囲気で撮れるので いそいそと(笑)




1158 ハナミズキ Velvia 960×645
こちらは 展開し始めてまもなくのもの


想像で 時間を巻き戻してみてください

ピンクの部分が するすると 引き込まれて 先端の茶色の部分が集まって四つ合わさると

先っちょのとがった まんじゅうみたいになると思いませんか

冬の間 そうやって 中央部分は護られて来たんです




1151 ハナミズキ Velvia 960×645
護られていた この中心部分 実はこれこそが本当の花なんです

花びらのような部分は 総苞と呼ばれています

つまり まだ咲いていないと...(笑)




1163 ハナミズキの新葉 Velvia 960×645
それは置いて やわらかな春色の葉も美しいですね




1164 ハナミズキの新葉 Velvia 960×645
最初の記事で分かるように 花が先に開き 続いて葉が展開するのですが

花の着かなかった枝は 葉の展開も早いようです

若葉とピンクの花の色の取り合わせもいいですね




1265 ハナミズキの花2 960×645
【4/11 撮】 これを待ってたんです

本当の花が咲きました~

取り立てて愛でるほどのものでもありません

下からは見えないしね

学問的には正しくないかもですが やはり 総苞を花と見ていいんじゃないでしょうか (^o^)/


 カメラ 富士フイルム X-S10
 レンズ 富士フイルム XF 60mm F2.4 R Macro
 フイルムシミュレーション Velvia

エルです 初めまして

0494 エル 960×645
【3/21 撮】 ロシアンブルーの男の子 エル

6月で7歳になります

カッコいい写真が撮れたらまたご覧いただきたいと思いますが

ネコちゃんは なかなかカメラ目線はくれないものですね (^o^)/


 カメラ 富士フイルム X-S10
 レンズ 富士フイルム XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS
 フイルムシミュレーション Velvia

プロフィール

nanapapa

Author:nanapapa
自分の周りの花や 旅先での風景などを写真に撮っています

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR