奥日光 西ノ湖トレッキング 前編

69397 西ノ湖紅葉 960×645
【10月16日 奥日光 西ノ湖トレッキング】


湯滝の滝口を見たあとは 西ノ湖周辺 千手が原を歩きます




地図 西ノ湖トレッキング 960×645
スタートは 赤沼駐車場に車を置いて 低公害バスに 乗り換えるところから

10:45 赤沼を発車 一旦 一般車道を南下

しばらくして 「一般車通行止めゲート」と書いたところで 中に入ります


この道路 一車線の舗装路で 快適なバス旅です

美しい森林の中を ゆったりと走るので 窓の景色には うっとりと癒されます

湯川を渡る「石楠花橋」,「小田代原」のバス停を通過 弓張峠を越して 「西ノ湖入口」で下車


ここから トレッキングの始まりです




69390 カラマツ林 960×600
美しいカラマツ林です

バスの窓からも 随所に見られましたが その黄葉の中を歩ける幸せ




69393 吊橋 960×645
吊橋を渡って




69394 紅葉の林を行く 960×645
黄葉の林を さらに歩きます




69398 西ノ湖紅葉 960×645
15分ほどで 西ノ湖に到着

ここで コーヒーブレイク

近隣から 頻繁に奥日光に来ているという方と 歓談と情報交換




69401 落葉 960×645
休憩を終え 一旦 来た道を戻ります




69403 巨木とカエデ 960×645
大木に寄り添う カエデの黄葉が美しい




69405 カラマツ林を行く 960×645
カラマツ林を過ぎて

分岐で 右に進路を取り 千手が浜へ向かいます


後編に続きます


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
スポンサーサイト



ザイオン国立公園 4

7663 上部拡大2 960×645
【米国グランドサークルの旅】 2008年 10月 14日


グランドサークルの旅 更新が しばらく止まっておりましたが また 間あいだに 差し入れて行きますね




7665 ザイオン上部拡大2 960×645
とにかくすごい岩壁が続くのですが このときのレンズは 27mm 相当から (^^

どうしても カメラに収め切ることができません




7706 ザイオン 960×645
まあ 12年前の nanapapa の 腕と機材なのでね (^^ゞ


続きます


 カメラ コニカミノルタ α7 Digital
 レンズ タムロン AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di Ⅱ

奥日光 湯ノ湖 16 最終回

69360 湯滝 960×600
【奥日光の旅 10/16 湯ノ湖 湯滝滝口】


長々と続けてきた 湯ノ湖シリーズも いよいよ 最終回です

湯滝をお見せしないまま 終わるのもアレなので 一枚だけ上げておきましょう (^^;


滝の落ち口が見えるといっても この程度です (^^

滝の下までは 遊歩道を 50m ほどでしょうか 下りなければなりません

今回は 次の予定(西ノ湖トレッキング)があるので ここまでで我慢です


しかし 左奥の黄葉ぐあいを見るに 戦場ヶ原からの眺めもよさそうですね




69367 湯ノ湖の紅葉 960×600
さて 駐車場へと 取って返しますが

左手の湖岸の鬱蒼とした部分に 陽が射して 紅葉を鮮やかに照らしています

手早く一枚 (^-^




69379 紅葉と枯れ枝 960×600
さらに 戻りつつ もう一枚 (^-^

ここまでのお付き合い ありがとうございました (^o^)/


さあ 次は 西ノ湖トレッキング です (^-^)/


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

奥日光 湯ノ湖 15

69378 空色の帯 960×600
【奥日光の旅 10/16 湯ノ湖 湯滝滝口】 空色の帯


紅葉と映り込みに割り込む 空色の帯


奥日光前回の記事から 空色の帯 ここまで伸びて来ました

これって 岸辺に沿って 風が吹き抜けているからなんでしょうか?

よくあることなのか 珍しいことか 分かりませんが 載っけておこうと思います (^-^


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

滝モミジ

171125-0126 滝モミジ 538×800
【過去の写真:2017年11月25日撮】 3年前の きょうの写真


とある民家の門脇にある シダレモミジ です

滝モミジ nanapapa が勝手に命名しました~ (^^


一本の大きな シダレモミジ が 緑,黄,橙,赤に 染め分けられています

今年は どんな紅葉ぶりなんでしょうね?


nanapapa の もう一つのブログ 「模写花旅」 の 3年前の記事で ご紹介しています

上の写真を含めて 5枚の写真が ご覧いただけます → 「滝モミジ」


 カメラ 富士フイルム X-E2
 レンズ 富士フイルム XF 18-55mm F2.8-4

奥日光 湯ノ湖 14

69348 金精峠 960×645
【奥日光の旅 10/16 湯ノ湖 湯滝滝口】 金精峠と金精山


湯滝滝口の湖岸から 金精(こんせい)峠がよく見えます


稜線の一番低いところが 金精峠 その左の岩山が金精山 2244m です

右の斜面は その名も 温泉ヶ岳(ゆせんがたけ) 2333m の裾部になります

金精道路が 右に左に くねりながら 峠の下で トンネルに入り 向こう側に抜けます


向こう岸付近に さざ波が立ったのか 青空を映して 空色の帯に見えます

このあと 空色の帯が 見る間に 左の方まで伸びて 岸辺の紅葉のところに達しました

続きます


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

奥日光 湯ノ湖 13

69353 湯ノ湖 紅葉印象派2 960×645
【奥日光の旅 10/16 湯ノ湖 湯滝滝口】 紅葉印象派


向こう岸(外山の裾部)に レンズを向けます


朝の散策で見かけた鴨たちが くつろいでいるようです

昼近くになって 水面のゆらぎも 少し大きくなっています


そこで ゆらぐ紅葉を 手前に大きく取り入れ 奥には くつろぐ鴨たちだけ

紅葉の実物は わざと外して 構成してみました


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

奥日光 湯ノ湖 12

69344 湯の湖/紅葉を映して 960×600
【奥日光の旅 10/16 湯ノ湖 湯滝滝口】 


近くの岸辺に 映り込みも鮮やかな 紅葉が2本

周囲の 黄色や緑が その艶やかさを 引き立ててくれます




69370 湯ノ湖の紅葉 960×600
滝口に向かうことで 回り込む形になりました

前のカットと 比べてみると これじゃダメだろって感じ

自分の参考にします (^^ゞ


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

奥日光 湯ノ湖 11

69357 湯の湖の紅葉 960×600
【奥日光の旅 10/16 湯ノ湖 湯滝滝口】 


あれっ 湯ノ湖まだやってんじゃん 前回で終わったんじゃないのぉ?

ハイ 「湯元での写真」は 確かに 前回で終わりました~

ですが 湯元じゃない 湯ノ湖の写真は もう少し続いたりします (^^


次の目的地 西ノ湖(さいのこ) に向かう途上 湯滝の滝口に立ち寄りました


この時間 空はすっかり晴れ上がり 日差しが 紅葉を鮮やかに照らします

駐車場から 滝口に向かう途中 深紅に染まるカエデがありました

対岸の紅葉も 鮮やかです

湖面への映り込みも入れて 欲張ってみました (^-^



余談

このご時世なので コロナについても 記録に残しておきますね

初めての奥日光 同行の先輩ご贔屓の 「休暇村 日光湯元」 に宿泊しました

前日 入館時に手指消毒,検温があり,夕食時にも手指消毒がありました

この日の朝食も 手指消毒後着席 ブッフェスタイルなので 料理を取りに行きます

が 取りに行く都度 ビニール手袋,マスク着用で これはちょっと煩わしかったです (^^


ともあれ Go To トラベル のおかげで お安く泊まれました

ハイシーズンで 部屋も料理もよかったので 一泊2万円 (◎_◎;)

ですが 14,000円になり 商品クーポン 3,000円分が付きました

さっそく売店で 1,000円分のお土産をお買い上げ~ > 奥さん喜ぶ (^^


残りの 2,000円については トラブルが...

立ち寄りの 「やしおの湯」 では使えず 今市の蕎麦屋 はたまた道の駅でも使えず

制度申請中で まだ適用されないとのこと なんとぉ~!

利用期限は この日限りなんですよ~ 焦る

諦めかけていたのですが 東北道佐野SAで やっと使うことができました~

ここで 残り2,000円分すべて お土産をお買い上げ~ > 奥さん喜ぶ (^^


いやはや コロナ騒ぎ いろいろと 盛りだくさんでした (^^ゞ


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

奥日光 湯ノ湖 10

69302 湯の湖/紅葉を映して 960×600
【奥日光の旅 10/16 湯ノ湖湯元】 しっとりとした 朝の散策


この朝の散策も このシーンをもってお別れです

曇り空の下 しっとりと落ち着いた 朝の散策を楽しむことができました


この湯ノ湖で 気になるところが 一つ残りました

湖面左奥の白く見える所 この湯元地区の出入り口にあたる場所です

温泉の源泉は そこから北へ 五,六百メートルほどのところにあります

(地図で確認しただけ 実際に行ってはいません)


車でそばを通過したときも 確か白っぽかった

やっぱり 温泉が流れ込んでいるんでしょうかね?

名前が 湯ノ湖 なんだしね

それに この湖水は 湯滝,湯川と流れていくので つい想像してしまいます


次の機会に 確認してみたいと思いました


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

奥日光 湯ノ湖 9

69300 絡み合う株立ちの木 538×800
【奥日光の旅 10/16 湯ノ湖湯元】 複雑に絡み合う株立ちの木


数本の幹が株立ちになっている 黄葉の木です

黄葉としては さほどのものでもありません

ですが 株元を見ると 2種の株立ちの木が 複雑に絡み合っているんです




69300 絡み合う株立ちの木trim 538×800

トリミングして 株元に注目します

木と木が絡み合っているのは それほど珍しいものでもありません

しかし これは 株立ちになっている木同士が絡み合っているようです

こんなのは 初めて見ました


次回は 湯ノ湖の湖面に戻って 湯元での最後の一枚となります


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

奥日光 湯ノ湖 8

69327 山腹の紅葉 800×800
【奥日光の旅 10/16 湯ノ湖湯元】 外山山腹の紅葉

湯ノ湖の西側に位置する 外山(とやま2204m)山腹の紅葉の様子です

麓の黄葉と絡めて スクエアな画面でまとめてみました

ダケカンバの黄葉は 概ね終わっていますね


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

奥日光 湯ノ湖 7

69263 絡まるツタの紅葉 538×800
【奥日光の旅 10/16 湯ノ湖湯元】 蔦紅葉


湯ノ湖の水面から ちょっと離れます

大きな木をよじ登る何本ものツタと その紅葉

まるで この高木の紅葉のようです




69257 ツタ紅葉 960×645
別なツタ まったく傷みのない 美しい葉です




69258 ツタの紅葉 538×800
少し引いて




69320 ツタ紅葉 960×645
これは また別のツタ

最初のと同じく 枝を伸ばした姿です


いずれにせよ 蔦の紅葉も 実に 鮮やかなものですね (^-^)/


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

奥日光 湯ノ湖 6

69296 湯の湖/紅葉を映して 960×645
【奥日光の旅 10/16 湯ノ湖湯元】


湯元での散策が続きます

紅葉と湖面映り込み写真が続いては 単調なので 手前に ダケカンバの幹を入れてみました

周囲の紅葉は まさに酣なのですが ダケカンバ自身は すでに ほとんど落葉しています


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

奥日光 湯ノ湖 5

69295 湯の湖/男体山を映して 960×645
【奥日光の旅 10/16 湯ノ湖湯元】  男体山を映して


まだ緑の葉を残す これは ハウチワカエデ でしょうか

そして 湖面に 男体山を映してみました


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

プロフィール

nanapapa

Author:nanapapa
自分の周りの花や 旅先での風景などを写真に撮っています

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR